MENU

フロリネフは個人輸入だと保険適用されたかのような価格まで下がります

 

 

 

veterinarian

 

獣医さんにもいろんな人がいます。

 

普段と様子が違うので、愛犬を動物病院に連れて行っても獣医さんにも原因がわからないようで、素人考えでもこれはおかしいと思ってセカンドオピニオンで別の病院に駆け込んだらアジソン病と診断されたなんていうことはよくあることです。

 

獣医さんでもその病気の臨床経験がないとうまく診断できないようです。

 

アジソン病にはフロリネフという副腎皮質ホルモンが有効成分の薬があり、これを愛犬に与えることでアジソン病の進行を抑えます。

 

アジソン病は副腎皮質ホルモンが不足する病気なので、フロリネフを一生与えなければいけません。

 

フロリネフは確かに効いており、定期的な血液検査でも数値に異常はないので安心できるのですが、やっぱり気になるのは薬の料金です。

 

フロリネフを飲む量によっても変わってくるのですが、薬代だけで月に数万円の負担というのはさすがに家計を圧迫します。

 

食費を削るにも限度がありますし、旦那さんの小遣いはすでに限界まで削っているので、さすがにこれ以上は減らせません。

 

アジソン病の臨床経験豊富な先生はフロリネフ代が高額になるのをわかっているので、先生自ら飼主さんに個人輸入を勧められるケースも増えてきています。

 

フロリネフは個人輸入で格安で手に入れて、定期的な検査は病院でやってもらって二人三脚で愛犬の症状をコントロールするやり方です。

 

アジソン病は完治ということが難しく治療も長期間になるので、それまでの金銭的なことを考えると現状、個人輸入がベターという判断です。

 

実際、フロリネフは病院と個人輸入では全然値段が違います。

 

個人輸入だと1錠が数十円にまで下がります。

 

 

個人輸入は輸入という名前の響きから難しいものと思われがちですが、代行サイトから買えばネット通販と同じです。日本語だけで注文できます。

 

海外から送られてきますが、届くのは案外早く、最短で1週間を切るほどで届きます。
しかも送料もかからないので、安心してリピできます。

 

フロリネフにはジェネリックもあります

 


(ジェネリック)

 

愛犬がアジソン病を患っている飼主さんの間で個人輸入でフロリネフを購入する流れが増えてきています。そのためか、注文する時期によってはフロリネフが品薄になることも増えてきました。

 

そんなときに便利なのがジェネリックです。
フロリネフにはフロリコットというジェネリックがあります。
もちろんフロリネフと有効成分、量ともに同じです。

 

フロリコットは200錠入りなので、フロリネフの2倍の量があります。
ジェネリックなので当然フロリネフよりも安価です。

 

フロリネフに比べてまだまだレビューは少なめですが、評判は上々です。
1錠1錠が個包装されているのも地味にポイントが高いです。

 

本当は日本でもペットの薬が自由に買えれば価格競争が起きてもう少し値段も下がるのでしょうが、そういう日はまだまだ来そうにありません。

 

しばらくは個人輸入を利用するしかなさそうです。
でも、ここまで値段が下がってくれるので、今まで頭を占有していたイヤな気分がなくなってきて気分が楽になります。