船井総研レジャービジネスチームとは

レジャービジネスチームとは レジャービジネスチームは、旅行会社専門のコンサルティング集団です。 全国に点在する中小旅行会社を中心に、業績向上策を「ご提案⇒実施サポート」しています。

尚、主な特徴は下記4点になります。

(1)「インバウンド需要対策」や「web活用」といった、トレンドを取り入れた新時代の業績UP手法を提案

(2)「団体・法人営業の強化」による、単価と利益率を大幅改善する即時業績UP手法を提案

(3)「メンバー毎に専門分野」を持ったスペシャリストの集まりで、幅広いニーズ・課題に対応可能

(4)上記3点の特徴を活かし、顧問先が「力相応で一番になれる現実的な手法」を提案

企業のコンセプトが明確である
私たちが目指している旅行会社は地域に応援され地域に選ばれる企業。
応援していただくためにはそもそもの会社の考え方がないといけません。
特に熱狂的な信者客はその会社自体ではなく、会社の考え方に強く共感してくれる人を言います。
このコンセプト作りは船井流旅行会社経営において欠かすことの出来ない考え方です。
地域におけるライフサポート企業となる
旅行者の方々にとって、何か困ったことがあったら旅行会社に電話する。
すなわち、旅行のお手伝いをする会社ではなく、地域に必要とされる会社となり、
最終的にその結果として旅行のお仕事もいただく事ができる会社となる。
そのために重点を置くのはライフサポート的な意識をもったサービスです。
小商圏シェアで1番になる経営
売上を上げる公式は売上=商圏人口×シェア×マーケツトサイズ(国民一人当たりの消費支出額)で表すことができます。単純に言えば、対象人口を増やすかシェアを上げるか、それで売上は伸びるという考え方です。
ネットの活用や広告対象地域の拡大、営業エリアの拡大によって単純に売上は上がります。
もちろんそれは大事なのですが、私たちはまず足元商圏のシェアをきっちり、
特に1番になることを目指して徹底的に密着することを前提としています。
それは短期的な視点だけではなく、長期的に安定して伸びる会社作りを基本としているためです。
小商圏シェア1番を目指したマーケティング戦略を基本としています。
コミュニティ化と拡散
小商圏シェアで1番になる考え方に関連して、大切にしていることはコミュニティ作りです。
旅行だけのつながりではなく、会社とお客様、お客様同士の繋がりを太くすることを優先します。
これは安定成長の基盤を作るとともに、圧倒的信者客育成によるロコミ力アップを基本としているためです。
考働力のある人財育成に重点を置く
人を単なる経営資源としてではなく、パートナーとして、そして最重要な要素として捉えています。
マーケティング活動は人財育成の手段としても活用し、常に人材のレベルアップを図ります。
旅行業に関するレベルアップだけではなく、自分で考えて自分で動くことのできる「人財」育成に力を注ぎます。
  • 0120-958-270
  • 0120-958-270